広島事業部
成形課 製造係 係長
N.M
工学部 機械工学科
平成20年入社

第3工場で生産に関わる業務全般の管理をしています。また、メンバーの教育指導も担っています。

これまで、広島事業部の成形製造部門一筋に頑張って来ました。成形設備のオペレーションが初期のころは中心でしたが、その後、新規製品の試作や量産立ち上げを行う係に配属され、現在は第3工場の生産部門の責任者をさせていただいています。

趣味はトライブです。とにかく自分は車が好きで、以前はよく広島から三重県の鈴鹿サーキットまで走って行きレースを観戦したものです。車が人生の半分以上を占めている、と言っても遠からず当たっていると思います。休日は家族と散歩をしたりして、たわいのない日々を過ごしています。それが自分にはとても心地よいのです。

モータースポーツを良く見に行ったものですが、いつかは自分もサーキットで走りたいという夢があります。一度、自分の車でもよいのでアクセル全開で走ってみたいと思っています。

仕事をする上で大切にしていること

  私は製造現場が長いこともありますが、職場の整理整頓を徹底するということを大切にしています。モノが真っ直ぐ置かれていること、ごみなどはもちろん不要なモノが出ていないこと、清掃されていることなどなど、いわゆる3Sが徹底されてことがとても重要と考えています。と言いますのは、そこに乱れが生じていれば直ぐに気づく、つまり異常の早期発見に繫がるからです。このことは、品質異常の発見だけに止まらず、安全管理に関しても非常に大切なことだからです。

ベルテックスに在籍して良かったこと、経験できたこと

  私たちの周りには、プラスチックが使われている製品が沢山あります。しかし、ベルテックスで作っている製品は非常に精密なものであり、求められる精度や品質は一般の人からみると想像以上であると思います。それらに応えるためには相当の技術が必要であり、また、多くの難題を解決していくことが求められます。生産現場の第一線にいる自分は、日々が試行錯誤やチャレンジの連続であり、そのこと自体に良い経験が出来ているものと感じています。

今後のビジョン

  広島第3工場のリーダーとして、今後も少数精鋭で作業環境の整備に努め、生産効率のアップ、事故や災害ゼロの安全安心である職場づくりに全力で取り組んでいきます。