広島事業部
技術課 課長代理
K.O
工学部 機械工学科
平成12年入社

私は、現在、広島工場で金型設計をしています。広島工場には金型を製造する部署はないのですが、樹脂部品を作る設備が76台あり、それらに搭載する金型は原則広島工場で設計することにしています。また、金型を設計するには合成樹脂に関わる知識や、3次元の構造設計を学ぶ必要があり、後輩たちの教育指導も担当しています。

私は工学部の機械工学科を専攻していましたので、以前から金型設計には興味を持っていました。入社後は金型のメンテナンスを行う部署に配属が決まり、そこで金型の分解清掃や修理などの作業について教育を受け従事していました。その部署には3年間在籍しましたが、金型の構造はもちろんのこと、樹脂製品の製造にとって型が非常に重要な役割を果たしているということ身をもって学び、今から振り返りますと大変意義のある時間でした。その後、技術部門に移り今に至っています。

趣味は釣りです。休みの日は釣りをするか家族と買い物などに出かけるなどゆっくりと過ごしています。

将来はどこか海辺に南国リゾートのような家を建て、ボートを買ってのんびりと釣りを楽しむような生活を送りたいと思っています。

仕事をする上で大切にしていること

  私が仕事をしていて大切にしていることは、個々それぞれが自分の意見や考え持つということです。会社では、教育指導によっていろいろなことを知り学びますが、世の中においては科学の世界やその他でも日々進歩したり変化したりしています。つまり、新しい発見により昔の理論自体が覆る、そのようなことはよくあることで、絶対に正しいと言い切れることはないかもしれません。それゆえ、自分の目や体をもって確認し、いろいろな角度から道理を追及した上で自分の考えも持つ、このことが最も大切であると考えています。

ベルテックスに在籍して良かったこと、経験できたこと

  ベルテックスに入社して良かったことは、前に述べたこととある意味関係するのですが、自分が考えた案や策を試すチャンスをあまり制約されずに自由に与えて貰えるという点です。このことは、技術部門に所属している私たちに取ってとても有難いことであり、やりがいを感じる部分でもあります。

今後のビジョン

  今まで私が申し上げたのは、個々、自分の考えを持つことが重要ということですが、それとは少し相反する感がありますが、この先は社員の皆が得た知識や技術ノウハウを共有し、会社としてのある意味財産というものを築いていくことに力を注ぎたいと思っています。そうすることで会社が発展し、最終的には社員の幸せに繋がることに貢献したいと思っています。